コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジール朝 ジールちょうZīr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジール朝
ジールちょう
Zīr

ベルベル族が北アフリカに建てたイスラム王朝 (972~1148) 。ザイリー朝とも呼ばれる。首都はカイラワーン。サンハージャ・ベルベル族のユースフ・ブルッギーン・イブン・ジーリー (在位 972~984) は,ファーティマ朝のカリフ,ムイッズ (在位 953~975) がカイロへ都を移したとき,北アフリカ総督に任じられ,やがてセウタまでの全マグレブを支配下に収めた。 11世紀初め,一族のハンマード朝に領土の西部を割譲したが,1041年ファーティマ朝の宗主権を嫌ってアッバース朝と結んだために,ファーティマ朝が派遣した遊牧アラブの討伐軍に次第に西方へと圧迫された。都をマフディーヤに移したが,ここも 1148年ノルマン軍に占領され,シチリア王のロジェール2世 (在位 1130~54) の支配下に組込まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジール朝の関連キーワードムルーク・アッタワーイフ時代メデア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android