コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイス信条 スイスしんじょうConfessiones Helveticae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイス信条
スイスしんじょう
Confessiones Helveticae

スイス改革教会が公に採択した2つの信仰告白。第1スイス信条は,第2バーゼル信条とも呼ばれ,H.ブリンガーその他のスイス代表が,シュトラスブルクの M.ブーツァーの協力で 1536年1月バーゼルで作成,3月 26日署名承認されて,国家的権威のある最初の改革信条となった。聖書はそれ自身によって解釈されること,信仰の福音的理解を強調するなど,当初ラテン語で 28ヵ条,のちドイツ語で 27ヵ条となった。第2スイス信条は,62年ブリンガーが 30ヵ条にまとめた神学命題で,若干の修正を施して彼の遺言に付加されたものであった。これは,66年3月1日スイス諸州の公認信条として公表され,プファルツ (ライン一帯) ,スコットランドハンガリー,フランス,ポーランド,オランダ,イギリスなどの改革派諸教会の指針となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スイス信条の関連キーワード宗教改革史(年表)スイス史(年表)ウィシャート改革派教会

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android