スイセンアブバエ(読み)すいせんあぶばえ(英語表記)narcissus bulb fly

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイセンアブバエ
すいせんあぶばえ / 水仙虻蠅
narcissus bulb fly
[学]Merodon equestris

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群アブバエ科に属する昆虫。スイセンハナアブともよばれる。体長13~14ミリメートルで、体は鈍い黒色。頭部前額(ぜんがく)と顔面には灰黄色の細毛がある。胸部背面と腹部の細毛の色相には変化が多く、灰褐色ないし黒色。脚(あし)は黒色、後脚腿節(たいせつ)は太く、後脚脛節(けいせつ)中央の内側はこぶ状に膨れ、末端の内側には長い角(つの)状突起があり、外側には板状突起がある。ヨーロッパでスイセン、ユリ、グラジオラス、アイリスなどの球根を食害する害虫として悪名が高い。日本では、1953年(昭和28)に横浜で発見されたことがあるが、現在は定着していないようである。日本でスイセンに加害するものはハイジマアブバエである。[伊藤修四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android