コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイセンハナアブ スイセンハナアブ Lampetia equestris; narcissus bulb fly

3件 の用語解説(スイセンハナアブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイセンハナアブ
スイセンハナアブ
Lampetia equestris; narcissus bulb fly

双翅目ハナアブ科。体長 13~14mm。体は黒色で,灰褐色ないし黒色の長毛を密生するが,毛色に変化が多い。翅は透明。後肢腿節は肥大する。幼虫はスイセングラジオラス,ユリなどの球根を食害する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スイセンハナアブ【Lampetia equestris】

双翅目ハナアブ科の昆虫。幼虫がスイセン,グラジオラス,アイリスチューリップヒアシンス,ユリなどの球根を食害するのでこのように呼ばれる南ヨーロッパに生息し,日本には生息しないが,ときに輸入された球根に混じって発見される。日本では,大正時代末期に,輸入球根から見つかっている。成虫は,体長13~14mm。体は黒色または茶褐色の毛で覆われるが個体変異が多い。ヨーロッパでの成虫の出現期間は5~8月である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイセンハナアブ
すいせんはなあぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スイセンハナアブの関連キーワードコウカアブ牛虻花虻扁虻水虻後架虻吊虻虫引虻ハナアブ(花虻)ミズアブ(水虻)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone