スイッチングコスト(読み)すいっちんぐこすと

ASCII.jpデジタル用語辞典「スイッチングコスト」の解説

スイッチングコスト

現在使っている製品やサービスを別の代替財に乗り換える際にかかる総コストのこと。新しい製品やサービスの性能が高く、価格的に魅力的であっても、導入の手間や時間、習熟に要する労力を含めたスイッチングコストが高ければ、容易に乗り換えはできない。現在使っている製品やサービスを提供している企業は、スイッチングコストをできるだけ高く設定し、逆に新たな製品やサービスを売り込む側はスイッチングコストをできるだけ低く設定することがマーケティング戦略上では有効とされる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「スイッチングコスト」の解説

スイッチング‐コスト(switching cost)

利用中の商品・サービスを、別の企業の同様の商品・サービスに切り替える際に、利用者が負担する費用携帯電話通信キャリアを変更したり、契約する保険会社を変更したりする際にかかる費用をいう。乗り換えコスト。スイッチング費用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android