コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイッチングコスト すいっちんぐこすと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スイッチングコスト

現在使っている製品サービスを別の代替財に乗り換える際にかかる総コストのこと。新しい製品やサービスの性能が高く、価格的に魅力的であっても、導入の手間や時間、習熟に要する労力を含めたスイッチングコストが高ければ、容易に乗り換えはできない。現在使っている製品やサービスを提供している企業側は、スイッチングコストをできるだけ高く設定し、逆に新たな製品やサービスを売り込む側はスイッチングコストをできるだけ低く設定することがマーケティング戦略上では有効とされる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スイッチング‐コスト(switching cost)

利用中の商品・サービスを、別の企業の同様の商品・サービスに切り替える際に、利用者が負担する費用。携帯電話の通信キャリアを変更したり、契約する保険会社を変更したりする際にかかる費用をいう。乗り換えコスト。スイッチング費用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マーケティング用語集の解説

スイッチングコスト

企業が、現在利用している製品やサービスから、他社の同様な製品・サービスに乗り換える際に発生するコストのこと。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

スイッチングコストの関連キーワードスイッチング・コスト乗換コスト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android