スウープスク(読み)すうーぷすく(英語表記)Słupsk

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウープスク
すうーぷすく
Supsk

ポーランド北部、ポモジェ県の都市。人口10万2244(2000)。ドイツ名シュトルプStolp。ポモジェ地方東部の中心地で、バルト海から20キロメートル、グダニスクの西方約100キロメートルに位置し、スウーピア川に臨む。農業機械、家具、酪製品を生産し、周辺農村地域の中心都市である。かつては古スラブ人の活動の中心地で、12世紀以来の古い町。ハンザ同盟に加入し、またプロイセン支配下ではポメラニア(ポモジェ)の軍事上の要地であった。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android