スウープスク(読み)すうーぷすく(英語表記)Słupsk

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウープスク
すうーぷすく
Supsk

ポーランド北部、ポモジェ県の都市。人口10万2244(2000)。ドイツ名シュトルプStolp。ポモジェ地方東部の中心地で、バルト海から20キロメートル、グダニスクの西方約100キロメートルに位置し、スウーピア川に臨む。農業機械、家具、酪製品を生産し、周辺農村地域の中心都市である。かつては古スラブ人の活動の中心地で、12世紀以来の古い町。ハンザ同盟に加入し、またプロイセン支配下ではポメラニア(ポモジェ)の軍事上の要地であった。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android