スキャモンの発育型(読み)スキャモンのはついくがた(英語表記)Scammon's growth types

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキャモンの発育型
スキャモンのはついくがた
Scammon's growth types

アメリカの人類学者 R.スキャモンが提唱した人体各器官の発育過程の4型。出生直後と 14歳頃を中心に発育の著しい一般型 (身長,呼吸器,消化器,腎臓,脾臓,筋,骨,血液) ,6歳頃までに成人の 90%に達する発育を示す神経型 (神経系) ,13歳頃を中心に急速に発育する生殖型 (内生殖器) ,思春期前に最大値に達し,以後成人するまで減少するリンパ型 (胸腺リンパ節など) に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android