消化器(読み)しょうかき(英語表記)digestive organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「消化器」の解説

消化器
しょうかき
digestive organ

食物中の栄養素を体内に吸収しうる形に分解したり,それらを貯蔵する働きをする器官食道,腸などの消化管,および付属器官である唾液腺肝臓膵臓などで消化器系を構成する。消化管のうち前部は物理的消化である摂取,咀しゃく,貯蔵の機能を,中央部は化学的消化を,そして後部は吸収,排出の機能を受持っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「消化器」の解説

しょうか‐き セウクヮ‥【消化器】

〘名〙 動物が摂取した食物を消化・吸収する器官の総称。一般に消化管と、それに付属する消化腺とからなる。高等動物では口腔(こうこう)・食道・胃・腸などをいう。消化器官。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「何となれば消化機の運用は睡眠中は大に微弱に至るものなればなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android