コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼吸器 こきゅうきrespiratory organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呼吸器
こきゅうき
respiratory organ

外呼吸のために特に分化した器官をいい,鼻,咽頭喉頭気管気管支,肺などが呼吸器系を構成する。このうち,血液との間で実際にガス交換を行うのは肺胞であり,鼻から肺胞にいたるまでの諸器官は空気の導入路または排出路となるので,一括して気道と呼ばれる。気道は一般に異物の侵入を防ぎ,空気に適当な湿度と温度を与える働きをするが,そのうち特に鼻は嗅神経が分布しているので嗅覚器官として,また喉頭は声帯があるので発声器官としての役割も果している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こきゅうき【呼吸器】

外呼吸を行うために分化した器官。高等脊椎動物の肺、魚類の鰓えら、クモ類の書肺、昆虫類の気管など。呼吸器官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

呼吸器の関連キーワードオレアンドマイシングリゾールの法則馬インフルエンザ免疫グロブリンAアデノウイルス浮遊粒子状物質ベンチレーター光化学スモッグレスピレーター分時換気量滲出性体質身体障害者ガスマスク生物的弱者人工呼吸器皮膚呼吸気道熱傷ボウフラ呼吸器病SARS

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呼吸器の関連情報