スクリーンセーバー(読み)すくりーんせーばー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スクリーンセーバー

パソコンのディスプレイ画面の焼き付きを保護するためのソフトウェアのこと。一定時間ユーザーの命令がないと自動的に起動して、画面を暗くしたり、アニメーションしたりしてディスプレイ画面の焼き付きを防ぐ。なお、キーを押したりマウスをクリックしたりすると、この状態は解除され、通常の画面に戻る。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

スクリーンセーバー

一定時間パソコンの操作をしていないときに、画面を切り替えて絵や映像を表示する機能です。ブラウン管タイプのディスプレイ(CRT)では画面に長時間同じ画像を表示したままだと「焼き付き」というが残ってしまうので、それを防ぐ機能でした。いまは、未使用時に他の人が画面をのぞくのを防いだり、画面表示を一種アートとして楽しむために使われています。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

スクリーン‐セーバー(screen saver)

パソコンを一定時間放置するときに、自動的にディスプレー画面を暗くしたり、アニメーションを表示したりするプログラム。もともと、画面の焼き付きを防ぐために用いられた。再び操作する際にパスワードを要求するよう設定して、不在時の他人による覗き見や不正使用を防ぐこともできる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

スクリーンセーバー【screen saver】

コンピューターを使用しない間、ディスプレー画面を暗くしたり、何らかのアニメーションを表示したりする機能、またはソフトウェア。元はCRTディスプレーの画面の焼き付きを防止するためのものだった。液晶ディスプレーが普及した後にも、使用再開時にパスワードを要求することで他人による不正使用を防止するためなどに利用されている。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スクリーン‐セーバー

〘名〙 (screen saver) パソコンで一定時間入力がない場合に、ディスプレーが焼き付かないように、自動的に画面表示を消したり動画を表示したりするソフト。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android