スケルトン住宅(読み)すけるとんじゅうたく(英語表記)skeleton‐infill system

知恵蔵の解説

スケルトン住宅

高品質な集合住宅の1つ。集合住宅をスケルトン(建物の構造体や共用設備)とインフィル(個人専用の間取りや設備)に構造上明確に分離し、スケルトンでは耐久性を、インフィルでは個別設計のしやすさを重視して設計したものをいう。両者の頭文字からSI住宅とも呼ばれる。1960年代にオランダで始まった建築運動を日本の実情に合わせて修正した概念で、国際的にはサポート・インフィル(support infill)と呼ぶ。同構造は将来のリフォームや用途変更にも対応しやすく、近年では建物の寿命を長くする技術として注目されている。この住宅を用いてスケルトンを賃貸し、入居者がインフィルを自己負担で造る方式をスケルトン賃貸という。

(小林秀樹 千葉大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

スケルトンじゅうたく【スケルトン住宅】

〔英語ではオープン-ビルディング(open building)〕
耐久性に優れた基本構造(スケルトン)と、間取りや設備などの可動部分(インフィル)を、構造上はっきりと分離して設計・建築された住宅。また、そのシステム。 SI 住宅。スケルトン-インフィル方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android