コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケールアップ scale up

世界大百科事典 第2版の解説

スケールアップ【scale up】

小さい規模での経験をもとに,より大きな規模での装置の設計,製作を行うことをいう。化学工業でよく使われる言葉で,何倍のスケールアップが可能かは装置によって違う。複雑な反応装置では数倍程度しかできないが,装置内部の現象について化学工学的解析が進んでおり,シミュレーションが可能な場合には何百倍,何千倍のスケールアップも可能である。【西村 肇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスケールアップの言及

【化学工学】より

…この分野は50年代から60年代にめざましく発展した。このようにして単位操作論,反応工学を確立した化学工学が威力を発揮したのは,反応装置のスケールアップの分野である。実験室で成功した反応を工業的な規模で実現するには,装置の容量を何百倍にも大きくしなければならない。…

※「スケールアップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スケールアップの関連キーワードミッチェル(Joni Mitchell)パイロット・プラントノドン弾道ミサイルリトル・フィート石炭液化森万里子工業化学原子力ゴジラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スケールアップの関連情報