コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコツス学派 スコツスがくはScotistae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコツス学派
スコツスがくは
Scotistae

13世紀のスコットランドのフランシスコ会士ドゥンス・スコツスの哲学的,神学的学説に追随するスコラ学者の総称。フランシスコ会学派ともいう。アウグスチヌスの思想を基盤に,アリストテレスの思想をも取入れた。ドミニコ会のトマス学派 (トミズム) を鋭く批判,対立した。存在の一義性,現実的区別と思考上の区別との中間にあるとする形式的区別,意志の優位などを主張した。神学においては神の愛なること,聖母マリアの神学的意義,聖体の秘跡などを強調し,トマスに反してマリアの無原罪の御やどりを唱えたが,のちこれは教会のドグマとされた。近代では,トミズム,イエズス会のスアレス学派とともに新スコラ学の三大流派を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スコツス学派の関連キーワードカエタヌス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android