スコルバ神殿(読み)スコルバシンデン

デジタル大辞泉の解説

スコルバ‐しんでん【スコルバ神殿】

Skorba》地中海中央部の島国、マルタ共和国にある先史時代の巨石神殿。マルタ島北西部の町イムジャールの近郊に位置する。紀元前5000年頃より人が居住した形跡があり、紀元前3600年から3200年頃、および紀元前3150年から2500年頃に二つの巨石構造物が建造された。素焼きの女神像などが発掘されている。1980年と1992年に、マルタ島のイムナイドラタハジュラットタルシーンハジャーイムゴゾ島ジュガンティーヤとともに「マルタの巨石神殿」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android