島国(読み)しまぐに

精選版 日本国語大辞典「島国」の解説

しま‐ぐに【島国】

〘名〙 (「しまくに」とも)
① 周囲を海に囲まれた国。海国。とうこく。
※玉塵抄(1563)二三「唐の東のしま国なり」
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉下「島国(シマクニ)の一ッ個の見識をさっぱりと取置て」
② 周囲を海に囲まれた土地。
※琴歌譜(9C前)歌返「之万久爾(シマクニ)の 淡路の三原の篠(しの)

とう‐こく タウ‥【島国】

〘名〙 (「とうごく」とも) 四方を海に囲まれた国。島を主たる領土とする国。しまぐに。海国。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「我々は到底這般(こん)な島国(タウコク)に安んずる人間で無い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android