スゴカイイソメ(読み)すごかいいそめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スゴカイイソメ
すごかいいそめ / 巣沙蚕磯目
[学]Diopatra bilobata

環形動物門多毛綱ナナテイソメ科に属する海産動物。貝殻片、海藻、ごみなどをつけた管の中にすむところからこの名があり、またフクロイソメ、フクロムシ、サヤムシ、スムシなどいろいろな地方名がある。黒潮や対馬(つしま)暖流の影響下にある海岸に分布し、潮間帯から水深20メートルくらいまでに生息する。砂泥底上に、特有な管の先端を出しているので一見してわかる。体長30~40センチメートル、体節数300内外。頭部には2本の前感触手と5本の後感触手、それに一対の太い副感触手がある。また、囲口節の背面前縁に一対の触糸がある。眼点は2個あって大きい。体前方の数対のいぼ足は大きく、斜め前方に向き、それより後方のいぼ足は体側方に伸びている。1本の軸の周りに鰓糸(さいし)が取り巻いたえらが第五いぼ足から生じ、第60~70体節まで続く。とくに前方の数対のえらは大きい。体前方が再生している個体がしばしばみつかるが、管から体を出して餌(えさ)をとっている際、魚などに食われたためと考えられる。釣り餌によく用いられる。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスゴカイイソメの言及

【スゴカイ】より

…多毛綱ナナテイソメ科の環形動物(イラスト)。スゴカイイソメともいう。虫体のすむ管は砂泥中に直立し,貝殻片,海藻やごみなどをつけた管の先を砂上に出している。…

※「スゴカイイソメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android