コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタティックアロケーション型 すたてぃっくあろけーしょんがた

1件 の用語解説(スタティックアロケーション型の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

スタティックアロケーション型


ライフサイクルファンドの一種類で、組み入れ資産の配分比率(配分比率は固定)が異なる投資信託を複数用意し、投資家が自らのリスク許容度の変化に応じて、複数の投資信託間でスイッチング(乗り換え)ができる投資信託のこと。「スタティック」は「固定的な」、「アロケーション」は「配分」を意味し、ファンドが組み入れる資産の配分比率が固定されていることを示している。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタティックアロケーション型の関連キーワードプロダクトライフサイクルライフサイクル仮説ハイファンタジーライフサイクルエネルギーライフサイクルコスト事業ライフサイクルターゲットイヤー型ライフサイクルファンド再生型ファンド製品ライフ・サイクル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone