コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタントカー スタントカー stunt car

3件 の用語解説(スタントカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スタント‐カー(stunt car)

自動車でする曲乗り。また、そのショー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スタントカー【stunt car】

ジャンプなどの曲乗りをする自動車。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタントカー
すたんとかー
stunt car

自動車をアクロバティックに走らせて見せるショー。スタントとは曲芸あるいは軽業(かるわざ)のことで、スタントカーはスポーツではなく入場料をとって見せる興行の一種である。1933年アメリカのシカゴ世界博覧会で自動車の耐久性を示すために行われたのが最初で、当時のボクシング世界ウェルター級チャンピオン、ラッキー・テターがそれに着目して興行として成功させた。
 第二次世界大戦後とくにアメリカで盛んになり、日本でも1963年(昭和38)には、来日ドライバーたちによる最初の興行が催された。スタントカーによるショーのおもな内容には、右または左の片側車輪を高く上げて走るハイスキー、踏切り台から空中に飛び上がり、その下を他の車が通過するランプ・ツー・ランプ、踏切り台から宙を飛んで、止まっている車の上に落ちるダイブ・ボンバー、走行中の車の真横に激突するTボーン・クラッシュ、燃えさかる木のフェンスを突き破るカー・ファイアなどがある。映画で自動車の事故シーンの撮影にスタントカーのドライバーがしばしば起用される。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタントカーの関連キーワード曲乗りスタント遠乗り乗り乗り輪乗り下乗り飛乗り乗合い乗り添ふ町乗り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタントカーの関連情報