コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタールイオスコル Staryi Oskol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタールイオスコル
Staryi Oskol

ロシア西部,ベルゴロド州の都市。州都ベルゴロドの北東約 120kmにあり,ドネツ川支流オスコル川にのぞむ。 1593年クリミア・タタールに対する防御の要塞がつくられたことに始り,1655年まではオスコルと呼ばれた。周辺の黒土地帯に産する農産物の加工が行われるほか,電気器具,建設資材などの工業がある。南西にクルスク異常磁域 (クルスク州を中心にオリョール州,ベルゴロド州にかけて広がる磁気異常地域) の鉄鉱床があり,大規模な鉄鋼コンビナートも立地している。鉄道分岐点で,ボロネジとベルゴロドを結ぶハイウェーが通る。人口 22万1163(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android