スチュ マーティン(英語表記)Stu Martin

20世紀西洋人名事典の解説

スチュ マーティン
Stu Martin


1936.6.20 -
米国のジャズ演奏家。
クリエイティブ・ミュージック・ファウンデーション(CMF)副会長。
ニューヨーク生まれ。
レス&ラリー・エルガート楽団でデビュー。デューク・エリントン、カウント・ベイシー等と共演し、1960年代初めにバルド・ウイリアムズとニュー・ジャズに取り組み始め、’68年渡欧。’69年ジョン・サーマンのトリオに参加するなどフリー・ジャズ・ドラマーとしての地位を確固たるものとした。’74年帰国。CMFの副会長として活躍を続ける。代表作に「ザ・トリオ/ジョン・サーマン」「ニュー・アドバンスト・ジャズ/バルド・ウイリアムズ」「ボス・オブ・ザ・ソウル・ストリーム・トロンボーン/カーティス・フラー」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android