コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリーム

6件 の用語解説(ストリームの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ストリーム

直訳すれば「流れ」。コンピューター用語では、先頭から順々に、シーケンシャルにしかアクセスできない(またはランダムアクセスコストが非常に高い)データのことを指す。UNIXたとえばUNIXなどの標準入出力は、ランダムアクセスが一切できないので、ストリームの一種である。テープデバイスのように、ランダムアクセスのコストが非常に高い(ハードディスクなどのデバイスと比べ、ランダムアクセス時の性能低下が非常に大きい)デバイスも、「ストリームデバイス」と呼ばれる。UNIXのsedコマンド(Stream EDitor)は、ストリームを処理するエディタである。通常のエディタがディスク中のテキストファイルを処理するのに対し、パイプなどによって他のプロセスから渡されたストリーム状のデータを処理できる。インターネット動画や音楽などを再生する際に、すべてのデータを受け取る前に再生を開始するデータ配信方式。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ストリーム

ストリーミングの映像データのように、送られてきた順に処理する連続データのことです。データの一部で受信エラーが起きても、その部分は無視されることになります。ストリームでないデータは、受信に失敗した部分を送り直してもらい、正しいデータに組み立て直せますが、それが終わるまでデータを処理できないのでリアルタイム性では劣ります。
⇨ストリーミング

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストリーム(stream)

液体・気体などの、流れ。「ジェットストリーム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ストリーム

ホンダ(本田技研工業)が1981年から製造・販売した三輪スクーター。総排気量49cc(原動機付自転車)。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒。直線を用いた近未来的なデザインで知られる。

ストリーム

ホンダ(本田技研工業)が2000年から製造、販売している乗用車。5ドアのミニバン。5、7人乗り。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ストリーム

正式社名「株式会社ストリーム」。英文社名「Stream Co., Ltd.」。小売業。平成11年(1999)設立。本社は東京都港区芝。インターネット通信販売会社。ウェブサイト「ECカレント」などを運営。主力はパソコン・家電の販売。ベスト電器と資本・業務提携。東京マザーズ上場。証券コード3071。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストリームの関連キーワードデジタルコンピューター汎用コンピューター並列コンピューターウエアラブルコンピューターコンピューター組版ハイブリッドコンピューターミニコンピューターボードコンピューター無停止コンピューターコンピューター写植

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストリームの関連情報