コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スッポンタケ(鼈茸) スッポンタケPhallus impudicus

1件 の用語解説(スッポンタケ(鼈茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スッポンタケ(鼈茸)
スッポンタケ
Phallus impudicus

担子菌類腹菌目スッポンタケ科。夏秋の頃,庭隅やタケ藪などの地面に生える。直径約 6cmの球形の菌蕾 (きんらい) は白色または淡い褐色で綿毛があり,下端に根状の菌糸束がついている。菌蕾の頂部が裂けてキノコが伸びると,高さ8~15cm,直径は下部が最も太くて 1.5~2.5cmの円筒形となり,純白色となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone