コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スッポンタケ(鼈茸) スッポンタケPhallus impudicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スッポンタケ(鼈茸)
スッポンタケ
Phallus impudicus

担子菌類腹菌目スッポンタケ科。夏秋の頃,庭隅やタケ藪などの地面に生える。直径約 6cmの球形の菌蕾 (きんらい) は白色または淡い褐色で綿毛があり,下端に根状の菌糸束がついている。菌蕾の頂部が裂けてキノコが伸びると,高さ8~15cm,直径は下部が最も太くて 1.5~2.5cmの円筒形となり,純白色となる。その頂端は円錐状鐘形の傘となる。傘の全面には皺ができ多角形の網目状の突起となる。これに暗緑褐色で異臭のある粘液がつく。この粘液は子実層の組織に由来したもので無数の担子胞子を含み,ハエなどの昆虫が来てこれをなめる間に胞子は各所に運搬される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android