コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スッポンタケ(鼈茸) スッポンタケ Phallus impudicus

1件 の用語解説(スッポンタケ(鼈茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スッポンタケ(鼈茸)
スッポンタケ
Phallus impudicus

担子菌類腹菌目スッポンタケ科。夏秋の頃,庭隅やタケ藪などの地面に生える。直径約 6cmの球形の菌蕾 (きんらい) は白色または淡い褐色で綿毛があり,下端に根状の菌糸束がついている。菌蕾の頂部が裂けてキノコが伸びると,高さ8~15cm,直径は下部が最も太くて 1.5~2.5cmの円筒形となり,純白色となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スッポンタケ(鼈茸)の関連キーワードキヌガサタケ(衣笠茸)クチベニタケ(口紅茸)松露鼈茸すっぽんぽん担子器スッポンタケカゴタケ(籠茸)キツネノエフデ(狐絵筆)半担子菌類

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone