コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティショフ石 スティショフいしstishovite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティショフ石
スティショフいし
stishovite

石英の高圧相。スティショバイトともいう。結晶はルチル型構造をとり,ケイ素の配位数が6になっている。比重 4.28。 1961年ソ連の S.スティショフと S.ポポフによって,初めて 1200~1400℃,16万気圧以上の圧力下で合成されたが,その後アリゾナの隕石孔から隕石の衝突によって生じた衝撃圧力によってつくられたものも発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スティショフ石の関連キーワードコーサイト鱗ケイ石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android