ステッキガール

大辞林 第三版の解説

ステッキガール

stick+girl〕
〔昭和初年の語。散歩などの際、ステッキ代わりに連れて歩く女性の意〕
時間ぎめで散歩の相手をして料金をもらう女性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ステッキ‐ガール

〘名〙 (洋語stick girl) 男性の散歩のお伴をする若い女。昭和初年の新造語。
※漫談レヴィウ(1929)当世流行もの総まくり〈古川緑波〉「君、ほんとに、そのステッキ、ガールって、見たことがあるのかい?」
[語誌]昭和四年(一九二九)、大宅壮一が造語したといわれ、その当時の流行語となった。男性のステッキ代わりの女性ということで、「モダン職業ガール」の一つとされるが、実際に存在した可能性は低いようである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android