コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川緑波 ふるかわろっぱ

7件 の用語解説(古川緑波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古川緑波
ふるかわろっぱ

[生]1903.8.13. 東京
[没]1961.1.16. 東京
喜劇俳優。本名郁郎。男爵加藤照麿の6男。早稲田大学中退。雑誌『映画時代』の記者から,菊池寛にすすめられて俳優に転じ,1932年宝塚中劇場で初舞台。翌年浅草の常盤座に誕生した「笑の王国」に徳川夢声大辻司郎らと参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふるかわ‐ろっぱ〔ふるかはロクパ〕【古川緑波】

[1903~1961]喜劇俳優。東京の生まれ。本名、郁郎。舞台・映画に活躍し、レビュー喜劇の発展に尽くした。「声帯模写」の語を初めて用いた。古川ロッパ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古川緑波【ふるかわろっぱ】

喜劇俳優。東京で加藤男爵家に生まれるが,古川家の養子となる。探偵小説家浜尾四郎は弟。本名古川郁郎。声帯模写,漫談を経て,1933年浅草常盤座で徳川夢声らと喜劇団〈笑いの王国〉を旗あげし,〈ロッパ〉の愛称で榎本健一と並ぶ人気を得た。(1903-1961)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川緑波 ふるかわ-ろっぱ

1903-1961 昭和時代の喜劇俳優。
明治36年8月13日生まれ。加藤照麿(てるまろ)の6男。加藤弘之(ひろゆき)の孫。大正15年声色(こわいろ)を声帯模写と名づけて芸を確立,昭和8年徳川夢声らと笑の王国を結成。10年東宝傘下にはいり,映画,舞台で活躍し,榎本(えのもと)健一とならぶ人気者となった。昭和36年1月16日死去。57歳。東京出身。早大中退。本名は郁郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふるかわろっぱ【古川緑波】

1903‐61(明治36‐昭和36)
喜劇俳優。加藤男爵家に生まれたが,古川家に養子に出され,早大入学前後から映画評論や映画雑誌の編集をするようになった。そのころ声帯模写と命名した芸を始め,それがこうじてプロになり,1933年徳川夢声らと浅草で喜劇団〈笑いの王国〉を結成した。ロッパと愛称されてエノケンこと榎本健一と並ぶ人気者になった。その解散(1943)後は映画や東宝傘下の〈緑波一座〉で人気を高め,戦後も映画や舞台で活躍したが,ことに51年のNHKの連続放送劇《さくらんぼ大将》で国民的な支持を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふるかわろっぱ【古川緑波】

1903~1961) 喜劇俳優。東京生まれ。徳川夢声のナヤマシ会に参加,声帯模写で人気を得る。笑いの王国,古川緑波一座を結成,榎本健一と並び称された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古川緑波
ふるかわろっぱ
(1903―1961)

喜劇俳優。ロッパとも書く。本名郁郎(いくろう)。男爵加藤照磨の六男として東京に生まれ、古川家の養子となる。早稲田(わせだ)大学英文科中退。在学中すでに映画雑誌の記者を勤め、PR映画にも主演、また小林一三(いちぞう)の勧めで1932年(昭和7)宝塚の舞台を踏む。当時より物真似(まね)、声色(こわいろ)を得意とし、これにモダン声色の意味で「声帯模写(せいたいもしゃ)」と名づけた。その後、「喜劇爆笑隊」「笑の王国」を経て35年東宝傘下にロッパ一座を結成、舞台と映画で活躍。博識で文才にも長じ、脚本、随筆などの著作も多い。晩年は不振であった。[向井爽也]
『『古川ロッパ昭和日記』全三巻・補巻1(1987~89・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古川緑波の言及

【喜劇映画】より

…この時期,小津安二郎も,軽妙な風俗喜劇を次々に作っていた。当時のコメディアンとしては,チャップリンひげの小倉繁,渡辺篤があげられるが,トーキー時代に入って,いずれも舞台で人気を博したエノケン(榎本健一)とロッパ(古川緑波)が相次いで登場する。エノケンは,スピーディな曲技とがらがら声の歌で,ロッパは〈鈍足のモダンボーイ〉の軽妙な味で,それぞれ人気を博した。…

【軽演劇】より

…その一党が中心となって33年に浅草常盤座で〈笑いの王国〉が旗揚げした。役者として生駒雷遊(いこまらいゆう)(1895‐1964),山野一郎,古川緑波(ロッパ),大辻司郎(1896‐1952),渡辺篤(1896‐1977),関時男,清川虹子ら,作家陣に菊田一夫,大町竜夫,貴島研二,山下三郎らが加わった。一夜づけの脚本による,いわゆる〈アチャラカ芝居〉なる言葉はここから生まれた。…

【声帯模写】より

…幕末期に寄席演芸となり,《鸚鵡石》という声色本も出た。大正末に喜劇役者の古川緑波(ろつぱ)が声色を〈声帯模写〉と称し,まねる対象も歌舞伎役者以外にも大きくひろげて活気づけ,続けて,多くの巧者があらわれた。以後ラジオの発展とともにこの名称で盛んに行われ,流行歌手を専門にまねる〈歌謡声帯模写〉などもあらわれた。…

※「古川緑波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古川緑波の関連キーワード榎本健一セネット花菱アチャコ生まれ生まれコメディアン曽我廼家五郎庭子古川縁波大宮敏充清水金一

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古川緑波の関連情報