コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宅壮一 おおや そういち

美術人名辞典の解説

大宅壮一

評論家。号は猿取哲。昭和45年(1970)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおや‐そういち〔おほやサウイチ〕【大宅壮一】

[1900~1970]評論家。大阪の生まれ。東大中退。在野精神に支えられた軽妙・辛辣(しんらつ)な社会評論で活躍。「一億総白痴化」など多くの流行語を生む。「炎は流れる」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大宅壮一【おおやそういち】

評論家。大阪府生れ。東大中退後,第7次《新思潮》,ナップなどに属し,プロレタリア文学運動の理論面に活躍。戦後は広い社会的・進歩的視野をもつ独特の論法で評論活動をつづけ,《世界の裏街道を行く》《昭和怪物伝》《無思想人宣言》などを発表。
→関連項目新人会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大宅壮一 おおや-そういち

1900-1970 昭和時代の評論家。
明治33年9月13日生まれ。賀川豊彦らの影響をうけ,日本フェビアン協会創立に参加。大正15年文芸評論家としてデビュー。昭和8年「人物評論」を創刊した。30年「無思想人宣言」を発表。社会評論家として戦後のマスコミ界で活躍,「一億総白痴化」「駅弁大学」などの流行語をつくった。「炎は流れる」で40年菊池寛賞。昭和45年11月22日死去。70歳。大阪出身。東京帝大中退。
【格言など】美しく死ぬことはやさしい。しかし美しく老いることはむずかしい(晩年に色紙にこのんで書いた言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおやそういち【大宅壮一】

1900‐70(明治33‐昭和45)
評論家。大阪府に生まれる。茨木中学時代から社会問題に目覚め,中学退校後専検に合格して三高入学。このころ賀川豊彦の家に出入りする。東京帝大在学中,1924年日本フェビアン協会の創立に参加,主事に就任。大学中退後,社会主義的文芸評論家として評論活動を開始,29年には翻訳を流れ作業式に行う総合翻訳団を組織。35年ごろから徐々に社会主義を離れ,大陸,南方転々とした。戦後は猿取哲のペンネームで執筆を再開,55年《無思想人宣言》を発表し,中立,脱イデオロギーの立場から社会評論,人物評論を展開。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおやそういち【大宅壮一】

1900~1970) 評論家。大阪生まれ。東大中退。学生時代に社会主義に傾倒し、ジャーナリズムで活躍。第二次大戦後、風俗時評・人物批評で一世を風靡ふうびした。著「炎は流れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宅壮一
おおやそういち

[生]1900.9.13. 高槻
[没]1970.11.22. 東京
社会評論家。中学時代に賀川豊彦などの影響を受け米騒動に触発されて活動し4年生で退学処分を受ける。検定で中学卒業資格をとって 1919年三高に入学。 22年東京大学文学部社会学科入学。在学中から第7次『新思潮』に参加し,まず文芸評論家として頭角を現した。やがて大学を中退。『千夜一夜』などを翻訳工場と名づけた集団作業で訳出したり,33年東京日日新聞社学芸部の社友になったりした。第2次世界大戦勃発後まもなく徴用されてジャワに行った。戦後は猿取哲の名で文芸・社会批評をはじめ,多方面の評論,およびノンフィクションの分野で活躍した。造語の名人で「恐妻」「駅弁大学」「一億総白痴化」などがある。主著『モダン層とモダン相』『文学的戦術論』『世界の裏街道を行く』『無思想人宣言』『炎は流れる』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大宅壮一
おおやそういち
(1900―1970)

大正・昭和期の評論家。明治33年9月13日生まれ。大阪府出身。早くから社会主義に傾き、そのため茨木(いばらき)中学校を中退。検定試験に合格して第三高等学校に入学。河上肇(はじめ)、賀川豊彦(とよひこ)らに私淑した。東京帝国大学社会学科へ進んだがこれも中退。そのころから文芸評論家として頭角を現す。1925年(大正14)新潮社の『社会問題講座』の編集にあたり、また、いわゆる「大宅翻訳工場」をつくるなど、ジャーナリズムの集団作業の先鞭(せんべん)をつけた。
 1933年(昭和8)10月、検挙されてから転向。太平洋戦争中は軍の宣伝活動に協力したが、戦後は猿取哲(さるとるてつ)の筆名で匿名人物評論を書き、1950年(昭和25)ごろから本格的にジャーナリズム界へ復帰。「厳正中立、徹底した是々非々主義」の立場で軽妙多彩な社会評論を展開した。頭の回転の速さ、流行語(「一億総白痴化」「駅弁大学」「恐妻」など)づくりの才能、マスコミに対する深い理解力などで大宅に及ぶ者はなく、昭和30年代、文字どおり「マスコミの三冠王」として活躍した。晩年は「大宅マスコミ塾」を開くなど、後進の育成にも力を注いだ。おもな著書として『昭和怪物伝』(1955)、『共産主義のすすめ』(1961)、『炎は流れる』(1964)などがある。1965年菊池寛(きくちかん)賞受賞。昭和45年11月22日死去。彼の集めた週刊誌・雑誌を中心とした蔵書は、死後、「大宅文庫」(東京都世田谷区八幡山(はちまんやま))として公開されている。[高須正郎]
『『大宅壮一全集』全30巻・別巻1(1980~1982・蒼洋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大宅壮一の言及

【放送】より

…放送は無線通信による送信の一つの特殊な形態で,放送番組と呼ばれるまとまった情報を〈公衆によって直接受信されることを目的〉(放送法)として電波によって広く伝播することをいうが,一般にはラジオ放送,テレビジョン放送のことである。いわばあて先のない無線通信であるところから放送は他のマス・メディアにはみられないいくつかの特殊な機能をもつ。まず電波が届いている範囲内で受信装置さえあれば,だれでも簡単に享受できること,その情報が聴覚的,または視聴覚的に提示される非固定的,一過性のものであること,電波によって広く伝播されるので,同時に同じ情報に接触するおおぜいの人々,すなわち受信者,あるいは視聴者という分散した大聴衆(オーディエンス)を形成すること,継続的に情報を提示するものであるために速報性にまさり,常時,その情報を更新することができることなどがあげられる。…

※「大宅壮一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大宅壮一の関連キーワードキャパになれなかったカメラマン/ベトナム戦争の語り部たち空白の五マイル/チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑むゆりかごの死/乳幼児突然死症候群(SIDS)の光と影あの戦争から遠く離れて/私につながる歴史をたどる旅チャイコフスキー・コンクール/ピアニストが聴く現代日本の陰謀/ハワイ・オアフ島大ストライキの光と影さよなら日本/絵本作家・八島太郎と光子の亡命大仏破壊/バーミアン遺跡はなぜ破壊されたのか森の回廊/ビルマ辺境民族開放区の一三○○日散るぞ悲しき/硫黄島総指揮官・栗林忠道木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのかエリザベート/ハプスブルク家最後の皇女逝かない身体/ALS的日常を生きる逆転/アメリカ支配下沖繩の陪審裁判サンダカン八番娼館/底辺女性史序章旅する巨人/宮本常一と渋沢敬三フィリッピーナを愛した男たち極限のなかの人間/極楽鳥の島カウントダウン・メルトダウン藤田嗣治 「異邦人」の生涯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大宅壮一の関連情報