コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストヤノフ Ljudmil Stojanov

世界大百科事典 第2版の解説

ストヤノフ【Ljudmil Stojanov】

1888‐1973
ブルガリアの作家。本名ゲオルギ・ストヤノフ・ズラタレフGeorgi Stojanov Zlatarev。初期には象徴派詩人として《十字路の幻》(1914)などの詩集を出したが,バルカン戦争や第1次世界大戦を体験した後,しだいにリアリズムの立場へ移っていった。《マトフ大佐の銀婚式》(1933),戦争の悲惨さを描いた小説《コレラ》(1935)が有名である。社会主義政権成立後,作家同盟会長,科学アカデミー付属文学研究所長などを歴任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ストヤノフの関連キーワードブルガリア民主勢力同盟ゲオルギ パルバノフ東欧史(年表)エリン・ペリン5月25日2月6日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストヤノフの関連情報