コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラトフォードアポンエーボン Stratford-upon-Avon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストラトフォードアポンエーボン
Stratford-upon-Avon

イギリスイングランド中部,ウォリックシャー県南部,ストラトフォードオンエーボン地区の町。別称ストラトフォード。バーミンガムの南南東約 35kmにあり,セバーン川支流エーボン川に面する。691年の記録に現れる古い町で,1553年最初の勅許状を与えられ,市場町として発展。ウィリアム・シェークスピアの生地として知られるため,内外から訪れる人が多く,観光業が主産業となっている。シェークスピアの生家や遺体を埋葬したホーリー・トリニティ聖堂などが保存されているほか,エーボン河畔にはロイヤル・シェークスピア劇場,図書館,美術館からなるシェークスピア・センターがあり,同劇場では毎年 3~10月のシェークスピア祭の期間中,その作品が上演される。人口 2万2187(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストラトフォード‐アポン‐エーボン(Stratford-upon-Avon)

英国イングランド中部、ウォーリックシャー州の都市。劇作家ウィリアム=シェークスピアが生まれた町として広く知られ、数多くの観光客が訪れる。シェークスピアの生家、妻アン=ハサウェーの家、母メアリー=アーデンの家、シェークスピアと親族が眠るホーリートリニティー教会、ロイヤルシェークスピアシアターなどがある。ストラトフォード‐オン‐エーボン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ストラトフォードアポンエーボン【Stratford-upon-Avon】

イギリス、イングランド中部の都市。バーミンガムの南に位置し、シェークスピアの生誕地として有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ストラトフォードアポンエーボンの関連キーワードホリートリニティー教会スコフィールドトレベリアンハワードスワン座バート