コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレス関連障害 すとれすかんれんしょうがい(Stress-related Disorders)

家庭医学館の解説

すとれすかんれんしょうがい【ストレス関連障害 (Stress-related Disorders)】

 大きな天災や事故のような大きなストレスの後には、古くは情動(じょうどう)まひ、最近は急性(きゅうせい)ストレス反応(はんのう)と呼ばれるさまざまな症状が生じます。あまりにもストレスが大きいために、嘆(なげ)き悲しむというよりは、茫然自失(ぼうぜんじしつ)となり、離人症状(りじんしょうじょう)が生じたり、健忘(けんぼう)などもおこりやすくなります。
 しばらく時間がたってから生じるものとしては、心的外傷後(しんてきがいしょうご)ストレス障害(しょうがい)などの病気があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

ストレス関連障害の関連キーワード神経症性障害強迫性障害

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android