コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロンボリ型中心噴火 ストロンボリがたちゅうしんふんか Strombolian type of central eruption

1件 の用語解説(ストロンボリ型中心噴火の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ストロンボリ型中心噴火

ハワイ型のものよりも流動性が少なく,それほど塩基性でない熔岩の突発的な噴出が特徴の噴火.火山砕屑物の中程度の爆発を伴っている[Mercalli : 1907].名称はイタリアのリパリ(Lipari)諸島のストロンボリ(Stromboli)島に由来する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストロンボリ型中心噴火の関連キーワード過剰流動性ハワイ式噴火ハワイアン流動体半流動寒天流動性リスクコウポールハワイ型中心噴火ハワイ型塊状熔岩ハワイ型火山弾

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone