コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノーサーベイ snow surveying

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スノーサーベイ
snow surveying

積雪調査。山地の積雪が溶けた場合の灌漑,発電などへの利用,さらに洪水の予防などで大切な,流出水量を知るために積雪の量を測定すること。積雪の深さと,それを全部溶かして水にすると何mmの深さになるかを示す積雪相当水量の測定に重点がおかれる。積雪相当水量の測定にはスノーサンプラー(採雪器)を用いる。この積雪相当水量の値に雪の積もっている面積を掛ければ積雪を水にしたときの流域の総水量がわかることから,融雪前に測量しておけば春の河川流量の予測が可能となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android