コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スハープマン Hermanus Johannes Aloysius Maria Schaepman

1件 の用語解説(スハープマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スハープマン【Hermanus Johannes Aloysius Maria Schaepman】

1844‐1903
オランダの聖職者,政治家,文学者。ローマで神学博士,1870年の帰国後は,神学校教授,カトリック系新聞・雑誌の編集に参加。自由党内閣の制定した世俗的な初等教育法に反対して政治活動を始め,下院議員(1880‐1903)となってカトリック党を組織した。自由党,社会党に対抗するため,プロテスタント政党と組み,20世紀初頭から1940年までオランダの政治を担当した左派連立政権の基礎を築いた。義務教育普通選挙など社会政策の推進に尽くし,詩人としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スハープマンの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷聖職者イギリスオランダ戦争オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone