コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スハープマン Hermanus Johannes Aloysius Maria Schaepman

世界大百科事典 第2版の解説

スハープマン【Hermanus Johannes Aloysius Maria Schaepman】

1844‐1903
オランダ聖職者,政治家,文学者。ローマで神学博士,1870年の帰国後は,神学校教授,カトリック系新聞・雑誌の編集に参加。自由党内閣の制定した世俗的な初等教育法に反対して政治活動を始め,下院議員(1880‐1903)となってカトリック党を組織した。自由党,社会党に対抗するため,プロテスタント政党と組み,20世紀初頭から1940年までオランダの政治を担当した左派連立政権の基礎を築いた。義務教育,普通選挙など社会政策の推進に尽くし,詩人としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スハープマンの関連キーワード日露戦争史(年表)バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学ドビュッシーペタル1世尾上菊五郎オブレノビチ家フォト・セセッション

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android