スバル レオーネ4WD

日本の自動車技術240選の解説

4WDが運動性能向上と安全性に寄与することに早い時点から着眼し乗用タイプ4WDの量産化を世界に先駆けて成功する等、今日の4WD隆盛の基礎を築いた。保管場所富士重工業株式会社スバル開発本部技術管理部図書室 (〒373-8555 群馬県太田市東本町10-1)
製作(製造)年1970
製作者(社)富士重工業株式会社
資料の種類設計図・文献
現状保存・非公開
会社名富士重工業㈱
適用車種スバルレオーネ4WD
製作開始年1970
実用化年1972
エピソード・話題性わが国初の乗用車ベース(バン)の4WD。
特徴需要の多様化や幅広い用途にこたえるために、また、新しい自動車の可能性の追求として、4WD搭載車を開発し早期に市場導入して、今日の4WD隆盛の基礎を築いた。
参考文献スバル技報No2
その他事項搭載者用途:小型貨物車;スタイル:バン;ドア数:5;車両重量:905kg;全長:4,040m;全幅:1,500m;全高:1,450m;タイヤサイズ:155SR13;軸距:2,440m;冷却:水冷、気筒配列:水平対向4気筒;内径x行程:85x60mm;排気量:1,361cc;馬力/回転数:77/6,400(PS/rpm);燃料タンク:32L;駆動方式:4WD;最高速度:140km/h;

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android