コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバン族 スバンぞくSvan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スバン族
スバンぞく
Svan

ジョージア(グルジア)に住むグルジア人の一派。古代には大カフカス山脈の南側に広大な分布をなし,カルト族,メグレル・ラーズ (チャン) 族とともにグルジア人の民族的中核をなすにいたった。スバン語は現在はグルジア文字で表記され,日常はグルジア語も併用されている。かつては山間に農牧業を営んだ。石造の2階建て住居は特有の塔を伴い,防御性の強いものであった。キリスト教が浸透したのは4世紀であるが,伝統的な信仰が近年まで根強く残っていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スバン族の関連キーワードアッパースバネティ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android