コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピリドーノワ Mariya Aleksandrovna Spiridonova

世界大百科事典 第2版の解説

スピリドーノワ【Mariya Aleksandrovna Spiridonova】

1884‐1941
ロシアの女性革命家,左派エス・エル党指導者。タンボフ県の貴族の娘。1905年,看護婦養成所在学中エス・エル党に入党。06年タンボフ県農民運動の抑圧者ルジェノフスキー将軍を駅構内で狙撃し,暗殺した。軍事裁判で死刑判決を受けるが,のち終身懲役に減刑され,シベリアの監獄に送られた。17年,二月革命によって解放され,ペテルブルグに戻るとエス・エル党左派の中心となり,十月革命を支持した。17年11月の第1回左派エス・エル党大会では指導的役割を果たし,最高指導部の一人となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスピリドーノワの言及

【左派エス・エル党】より

…12月3~11日(ロシア暦11月20~28日)この人々は左派エス・エル党結党大会を開いた。ナタンソンのような老幹部のほか,スピリドーノワ,カムコフB.D.Kamkov,コレガーエフA.L.Kolegaevら若い世代が中心となり,首都,バルチック艦隊,カザン,ウファ,ハリコフなどがその拠点であった。12月22日(ロシア暦12月9日),ボリシェビキの求めに応じて,コレガーエフ(農業),シテインベルグI.Z.Shteinberg(司法),プロシヤンP.P.Prosh’yan(郵便・電信)らが人民委員会議(内閣)に入った。…

※「スピリドーノワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スピリドーノワの関連キーワード清水宏[各個指定]工芸技術部門近衛文麿内閣マキノ雅広スベルドラップ(Johan Sverdrup)スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android