コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事裁判 ぐんじさいばんmilitary tribunal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事裁判
ぐんじさいばん
military tribunal

軍事裁判は,その内容によって,(1) 戦争法規の違反者を相手の交戦国が捕えた場合に行う裁判,(2) 占領軍が命令違反者に対して行う裁判,(3) 軍法会議による裁判,の3つに分けられる。 (1) の場合については,その内容を拡大したものとして,第2次世界大戦の戦争犯罪人に対する軍事裁判が注目される。ここでは,いままでの通常の戦争犯罪のほかに,平和に対する罪人道に対する罪とが新しく戦争犯罪とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

軍事裁判【ぐんじさいばん】

第2次大戦後の日本では,特に戦争犯罪人に対する裁判(東京裁判ニュルンベルク裁判)や占領軍の命令違反者に対する裁判をさす。しかし広義には,軍隊における裁判(軍法会議)をも含めて用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんじさいばん【軍事裁判】

戦争犯罪を裁くための裁判。
軍法会議による裁判。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

軍事裁判の関連キーワードベン・ブルース ブレークニーウィリアム・F. ウェッブワルター フンクB. シーラッハ国際刑事裁判所罪刑法定主義ホスバハ文書国際軍事裁判木村兵太郎BC級戦犯南京大虐殺草野豹一郎板垣征四郎山下奉文木戸幸一南京虐殺西村琢磨権利請願戒能通孝東条英機

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍事裁判の関連情報