賛成(読み)さんせい

精選版 日本国語大辞典「賛成」の解説

さん‐せい【賛成】

〘名〙
① 物事がうまくいくように助力をすること。助成。賛助。
※日本詩史(1771)凡例「承順其美、賛成其業
※会社弁(1871)〈福地桜痴〉叙「造化の功用を補弼し、万物の化育を賛成する之を人の任と云ふ」 〔魏志‐劉放伝〕
② 他人の説・意見などに同意すること。
※日本外史(1827)七「我欲今日官軍以興我家、如何、上杉憲房細川和氏等皆賛成之
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「赤シャツはそいつは面白い、吾々は是からさう云はうと賛成した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「賛成」の解説

さん‐せい【賛成】

[名](スル)
人の意見や行動をよいと認めて、それに同意すること。「原案に賛成する」⇔反対
助力すること。賛助。
「造化の功用を補弼し、万物の化育を―する」〈福地桜痴・会社弁〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android