コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペイン自治右派連合 スペインじちうはれんごう Confederación Española de Derechas Autónomas

1件 の用語解説(スペイン自治右派連合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スペインじちうはれんごう【スペイン自治右派連合 Confederación Española de Derechas Autónomas】

スペイン第二共和国時代(1931‐36)最大の右翼政党。略称セダ(CEDA)。1933年3月,〈アクシオン・ポプラール〉と〈バレンシア地方右翼党〉を中心に結成された。党首ヒル・ロブレスJosé María Gil Robles。当初の目標は同年11月総選挙に際しての右翼の大連合であったが,共和制の容認をめぐり王党派が脱落。支持層は資本家,中小地主で,カトリック私有財産の擁護とを主張し,社会改革に反対した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスペイン自治右派連合の言及

【人民戦線】より

…35年10月に発覚した疑獄事件のために政府は窮地に陥り,事件に直接関与した急進党の信用は失墜した。一方,右派陣営の主要な勢力であったスペイン自治右派連合(CEDA)はアルカラ・サモラ大統領から政権の譲渡を拒否された。その結果,一般に〈人民戦線選挙〉と呼ばれる36年2月の総選挙へと政局が動いていった。…

【スペイン】より

…このような状況のなかで32年8月10日,またも軍事クーデタが企てられ,これは未遂に終わったが,政治改革への対応に関してスペインは依然19世紀にとどまっていたといえる。 33年11月の総選挙では,左派勢力が足並みの乱れを示したのに対して,右派勢力は諸政党,諸政治グループがスペイン自治右派連合(CEDA)を結成して勝利した。選挙後,CEDAの支援の下に,急進党を中心に成立した中道右派連立内閣は,前政権が推進した改革案を否定し,反革命ともいえる路線を打ち出した。…

※「スペイン自治右派連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スペイン自治右派連合の関連キーワードエクアドルコスタリカスペインポートオブスペイン第二共和制組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペインの歌スペイン舞曲集スペイン速歩 (Spanish trot)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone