コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトロヘリオスコープ

世界大百科事典 第2版の解説

スペクトロヘリオスコープ【spectrohelioscope】

スペクトロヘリオグラフの撮影部に目を置いて,単色の太陽像を眼視観測ができるようにした装置。1924年G.E.ヘールによって考案された。太陽像を高速に移動させ,目の残像によって太陽面の一部の単色像を見ることができる。スペクトロヘリオグラフの第1と第2スリット前面に,角柱プリズムを置き,回転させる。プリズムの1回転に対し,角柱プリズムに入射した部分の太陽像は4回左右に移動を繰り返す。回折格子により所定の波長光を第2スリットに当てると,その波長の太陽像が第2スリットに生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android