コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトロヘリオスコープ

百科事典マイペディアの解説

スペクトロヘリオスコープ

スペクトロヘリオグラフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スペクトロヘリオスコープ【spectrohelioscope】

スペクトロヘリオグラフの撮影部に目を置いて,単色の太陽像を眼視観測ができるようにした装置。1924年G.E.ヘールによって考案された。太陽像を高速に移動させ,目の残像によって太陽面の一部の単色像を見ることができる。スペクトロヘリオグラフの第1と第2スリット前面に,角柱プリズムを置き,回転させる。プリズムの1回転に対し,角柱プリズムに入射した部分の太陽像は4回左右に移動を繰り返す。回折格子により所定の波長光を第2スリットに当てると,その波長の太陽像が第2スリットに生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スペクトロヘリオスコープの関連キーワードP.J.C. ヤンセンヘリオスコープ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android