スペンサー・ジョーンズ(英語表記)Harold Spencer Jones

世界大百科事典 第2版の解説

スペンサー・ジョーンズ【Harold Spencer Jones】

1890‐1960
イギリスの天文学者。ケンブリッジ大学に在学中の1913年に特別研究員に選ばれ,また同じ年にA.S.エディントンの後任としてグリニジ天文台の主任助手となった。23年には南アフリカのケープ天文台長となり,またその10年後の33年から55年に引退するまでグリニジ天文台長を務めた。位置天文学に関連する天文台のルーチンワークを指導した多くの研究があるが,彼自身の研究として著名なものに地球の自転速度の研究がある(1931)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android