コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄経 こうけい celestial longitude

6件 の用語解説(黄経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄経
こうけい
celestial longitude

黄道座標における経度。赤経と同様に,春分点から東回りに 15°を1時間とする時間単位で 24時まではかる。天球上の1点と黄道の極を通る大円の黄経がその点の黄経。 (→黄緯 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐けい〔ワウ‐〕【黄経】

こうけい(黄経)

こう‐けい〔クワウ‐〕【黄経】

黄道座標経度春分点を零度として東回りに360度まで測る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄経【こうけい】

黄道座標における経度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おうけい【黄経】

こうけい【黄経】

天球上の一点から黄道に下ろした垂線の足と春分点との角距離。春分点より東へプラスに測る。黄緯とあわせて天球の黄道座標を形成する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黄経の言及

【緯度】より

… 地球以外でも天球座標系の種類に応じて,緯度に相当するものが定義されている。赤道座標系では赤緯(経度に対応したものは赤経),太陽系内天体に対して使われる黄道座標系では黄緯(黄経),銀河座標系では銀緯(銀経),地球上の観測者中心の座標系では高度(方位角)などである。緯度変化極運動経度【若生 康二郎】。…

【黄道座標】より

…天球の黄道の面を基準にとった極座標で,その経度,緯度はそれぞれ黄経,黄緯と呼ばれる。おもに月や惑星などの太陽系天体の軌道要素や位置の表示に用いられる(図)。…

【日心座標】より

…日心座標の表現は直交座標と極座標の二つが用いられ,直交座標の場合は春分点の方向をX軸に,赤道面で6時,すなわち90゜の方向をY軸,北極方向をZ軸にとった赤道面基準のものが使用される。極座標では黄道面を基準にとって,春分点と黄道の北極を通る大円を経度の原点にとった経度すなわち黄経と,黄道面を緯度0゜として北極の方向へ+にとり,南極の方向に-にとった緯度すなわち黄緯と,太陽からの距離を動径と呼んだもので示す。日心座標はともに春分点や赤道面,黄道面を基準にしているため,歳差や章動で原点が変化するから,採用したこれらの元期を併記しなければならない。…

※「黄経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黄経の関連キーワード黄緯黄道座標春分点赤経分点銀経西経天球座標東経日心座標

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄経の関連情報