コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スホラリオス Geōrgios Scholarios

1件 の用語解説(スホラリオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スホラリオス【Geōrgios Scholarios】

1405‐72以後
オスマン帝国治下の初代コンスタンティノープル総主教としてゲンナディオス2世Gennadios IIと称する。古典式発音ではスコラリオスビザンティン帝国末期最大の神学者。若くしてラテン語を学び,トマス・アクイナスの神学を知り,俗人として宮廷で説教,また法律学を学んで,全国裁判官,皇帝秘書となる。フェラーラフィレンツェ公会議では東西教会統一派に立つが,1443‐44年以後その決定的な反対派に転じ,皇帝コンスタンティノス11世により修道院に送られ,ゲンナディオスの修道士名を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スホラリオスの関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコ帖木児オスマンダオスマン朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone