コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スホラリオス Geōrgios Scholarios

世界大百科事典 第2版の解説

スホラリオス【Geōrgios Scholarios】

1405‐72以後
オスマン帝国治下の初代コンスタンティノープル総主教としてゲンナディオス2世Gennadios IIと称する。古典式発音ではスコラリオス。ビザンティン帝国末期最大の神学者。若くしてラテン語を学び,トマス・アクイナスの神学を知り,俗人として宮廷で説教,また法律学を学んで,全国裁判官,皇帝秘書となる。フェラーラ・フィレンツェ公会議では東西教会統一派に立つが,1443‐44年以後その決定的な反対派に転じ,皇帝コンスタンティノス11世により修道院に送られ,ゲンナディオスの修道士名を帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スホラリオスの関連キーワードフェラーラ・フィレンツェ公会議トマス・アクイナス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android