コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポロキスト スポロキストsporocyst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポロキスト
sporocyst

(1) 原生動物胞子虫類にみられる生殖の一期間。接合子が接合子嚢の中で分裂し胞子母細胞となるが,その胞子母細胞が胞子となるまでの間に被嚢した状態をいう。 (2) 扁形動物吸虫類のカンテツなどの生活史において,ミラキディウムという幼生の体壁にある胚細胞からできる。嚢状で消化器,排泄器などはなく,体表から栄養を吸収しているような簡単な体である。この体内にはさらにスポロキストをつくることもあるが,幼生生殖で発生すれば次のレディアになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスポロキストの言及

【キュウチュウ(吸虫)】より

… 二世類の生活史は複雑で,有性生殖と無性生殖の世代交番を行い,その際宿主を転換する。すなわち,成虫から生み出された虫卵は,卵殻内にミラキジウムという幼虫を生じ,これが中間宿主の軟体動物(主として淡水産の巻貝)に侵入して,スポロキストになる。スポロキストは胚細胞で満たされている。…

※「スポロキスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スポロキストの関連キーワードキュウチュウ(吸虫)日本住血吸虫スポロシスト

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android