コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポータ sphoṭa

世界大百科事典 第2版の解説

スポータ【sphoṭa】

インドの言語論の重要概念。ことばは音声を伴うが,同時に意味を伝える。音声は無常であるが,ことばと意味の関係は固定的である。そこで,文法学派のパタンジャリ(前2世紀)は,意味を伝達することばの本体としてスポータ(つぼみ)なるものを想定し,それが音声によって開顕されるとした。この説を受けて,バルトリハリ(5世紀後半)は,スポータは常住不変であるとした。彼は,ことばの本体であるこのスポータは,世界の根本原因,真実在であるブラフマンにほかならないとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスポータの言及

【文法学派】より

…この発想法は,後にバイシェーシカ学派に受け継がれた。また彼は,意味を伝達するものとしての語の本体をスポータ(語のつぼみ)であるとし,消滅する音声(ナーダ)と完全に区別した。この説は後に5世紀後半のバルトリハリによって形而上学的に展開され,〈スポータ説〉として確立された。…

※「スポータ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スポータの関連キーワードバルトリハリ(古代インドの文法学者、哲学者)トランスポーター3/アンリミテッドトランスポーター イグニション塩酸メチルフェニデートジェイソン ステイサムトランスポーター2リュック ベッソンシリル ラファエリトランスポーターインド哲学/用語グルコース輸送体ルイ レテリエATPアーゼスー チーセグウェイクレーン秤シャブダ抗うつ薬語常住論輸送担体

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android