コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文法学派 ぶんぽうがくは

2件 の用語解説(文法学派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぽうがくは【文法学派】

サンスクリットの文法学と言語哲学を事としたインドの有力な一学派。サンスクリットバイヤーカラナVaiyākaraṇaと呼ばれる。インドでは古くからベーダ聖典の解釈学の一部門として文法学が重視され,六つのベーダ補助学(ベーダーンガ)の一つとして確立された。ベーダ聖典研究としての語源学の先駆者としては前500年ころにヤースカが現れて《ニルクタ》を著した。現存する最古の文法学書は前5~前4世紀に活躍したパーニニの《アシュターディヤーイー》(別名《パーニニスートラ》)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文法学派
ぶんぽうがくは

インド哲学学派。古代インドにおいては、ベーダ聖典研究の六補助学科の一つとして文法学(ビヤーカラナvykaraa)が成立し、早くから専門の学者が輩出した。パーニニ(前5~前4世紀)は文典『アシュターディヤーイー』を著して、文法学を独立の科学として確立した。その後、カーティヤーヤナ(前250ころ)およびパタンジャリ(前2世紀?)によって詳細に補修訂正され、微細な点まで規定されて、文法学はいちおう完成された。しかし彼の没後、文法学の伝統は著しく衰微したが、5世紀になって、バルトリハリ(5世紀後半)はそれを復興したにとどまらず、一つの哲学学派にまで発展させた。[前田専學]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の文法学派の言及

【インド哲学】より

…後代多くの派に分かれるが,インド思想界の主流を形成して今日に至っている。以上の6学派のほかに,文法学派も体系を整え,語ブラフマン論śabdabrahmavāda,スポータ論を主張した。
[中世第1期]
 古代の諸体系が無神論的であるのに対して,バクティ(信愛)を強調する有神論的な中世的宗教思想の発達する時代である。…

【語常住論】より

…古代インドのミーマーンサー学派,ベーダーンタ学派,文法学派が主張した説。言葉は常住,ないし言葉と意味の結合関係は永遠不変であるとする。…

※「文法学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone