コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラスト玉軸受 スラストたまじくうけthrust ball bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラスト玉軸受
スラストたまじくうけ
thrust ball bearing

転動体に玉を用いたころがり軸受の一種で,軸方向の荷重 (スラスト荷重) を支える。他のスラスト軸受に比べて簡単な構造で,純スラスト荷重のみを支持する。一方向だけのスラスト荷重を受ける単式と,両方向のスラスト荷重を支える複式とがある。前者をスラスト玉軸受と呼び,後者を複式スラスト玉軸受と呼ぶことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android