スリマハマリアマン寺院(読み)スリマハマリアマンジイン

デジタル大辞泉の解説

スリマハマリアマン‐じいん〔‐ジヰン〕【スリマハマリアマン寺院】

Sri Mahamariamman Temple
マレーシアの首都クアラルンプールの中心部にあるヒンズー教寺院。中華街の西縁に位置する。1873年に建立。1999年に改築された。高さ22メートルのゴプラム(塔門)があり、極彩色で彩られたヒンズー教の神々や、動物たちの彫刻で埋め尽くされている。毎年1~2月にタイプーサムという大祭が行われる。
マレーシア、マレー半島北西岸、ペナン島ジョージタウンにある同島最古のヒンズー教寺院。1833年に南インドのドラビダ様式で建造。ダイヤモンドの装飾が施された彫像があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android