コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリーヒンジ構造 スリーヒンジこうぞうthree-hinged structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリーヒンジ構造
スリーヒンジこうぞう
three-hinged structure

2つの構造部材を構成する3個の接点が,各部材間の角度を自由に変えることができる形式 (ヒンジ) となっている構造。2つの構造部材はラーメン,アーチまたはトラスのいずれの構造形式でもよい。その特徴は,2つの構造部材の形式にかかわらず,最終的にできあがった構造が静定構造になる点にある。スリーヒンジ構造の外端に生じる反力は,それぞれの点でモーメントがゼロになる条件を利用することによって求められる。鉄骨トラスをスリーヒンジ構造の形式にすると,比較的大きな張間を,中間に柱を設けることなく組立てられるので,学校の体育館や航空機の格納庫などに使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スリーヒンジ構造の関連キーワードツーヒンジ構造静定構造物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android