コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルモナ Sulmona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルモナ
Sulmona

イタリア中部,アブルッツォ州ラクイラ県の町。ローマ東方約 175km,山間盆地にあり,古代パエリニ人の町スルモとして建設され,のちローマ領となった。 14~15世紀には金細工で知られ,今日ではアーモンドの菓子で有名。鉄道の分岐点。農産物の集散地。機械工業も盛ん。ローマの詩人 P.オウィディウスの生地。人口2万 5276 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スルモナの関連キーワードインノケンチウス7世ボルゲーゼ家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android