コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルモナ Sulmona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルモナ
Sulmona

イタリア中部,アブルッツォ州ラクイラ県の町。ローマ東方約 175km,山間盆地にあり,古代パエリニ人の町スルモとして建設され,のちローマ領となった。 14~15世紀には金細工で知られ,今日ではアーモンドの菓子で有名。鉄道の分岐点。農産物の集散地。機械工業も盛ん。ローマの詩人 P.オウィディウスの生地。人口2万 5276 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スルモナの関連キーワードインノケンチウス7世ボルゲーゼ家

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android