コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレータータイプオービタル Slater type orbital

法則の辞典の解説

スレータータイプオービタル【Slater type orbital】

「スレーター型軌道関数」と記してある成書も多い.原子やイオンの中における電子の挙動を,一電子近似で記述する軌道関数の一つで,最初に提案されたものは動径分布関数のみであったが,のちに分子オービタルをつくるための基底関数として利用されるようになり,そのために角度分布を含めて

の形のものが使われている.ここで,n は整数,Yim は実数型の球面調和関数である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

スレータータイプオービタルの関連キーワードスレーター則整数

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android